一般社団法人 日本アクアサイズ協会

メールでお問合せはこちら TEL: 080-9676-0903

活動紹介

HOME >> 活動紹介

活動紹介

2019/07/01

6月30日新宿プリンスホテル研修会

山田知生先生の研修会、大盛況の中終了しました。講義・実技・懇親会と盛り沢山!

 

 

2019/05/13

スタンフォード式:疲れない体

∼疲労の正体を知って疲労を予防する!~山田知生氏・「疲労の正体:インプット/プロセス/アウトプット」川尻隆氏のセミナーに参加してきました。腹圧呼吸の方法を本で見ていたのと実際に先生の体を触って確認すると「えっ~」すごい!と思わず言ってしまうくらいに固い。コミニュケーションの大切さや、指導者として言葉のかけ方など気を付けたい内容でした。6月30日の協会主催の研修会が楽しみです。

2019/03/29

3月 水中運動指導士養成講習会

3月29日より31日まで養成講習会並びに更新研修会を行っています。私が養成講習会を受けたのは10数年前で練馬高野台駅から歩いてトボトボと行ったのを思い出します。光が丘のホテルに泊まり2泊3日必死で勉強したのが懐かしい‼今回受験の皆さんも頑張って、素晴らしい指導者目指してください。

2019/03/25

7人の脳活サムライ

小野先生には3・11のすぐ後にお願いして以来です。益々のご活躍で今回は脳を活性化させるキーポイントが7つあり、その7つを水中ウォーキングで発揮させようとするそうです。理論・実技です。お楽しみに!

2019/02/18

ビックニュース!

スタンフォード式「疲れない体」の山田知生氏のセミナーのご案内です。5月11日(土曜日)13:00~17:00フクラシア丸の内オアゾHall A お問い合わせ www.saaa-sd.com

 

 

シール シール

2019/02/15

スタンフォード式「疲れない体」 の著者山田知生さんの研修会6月開催!

6月30日(日曜)13時より山田知生さんの研修会が決定しました。詳細は後日お知らせします、懇親会も予定しています、お楽しみに!

シール シール

2018/09/26

千葉みなと研修会報告


千葉みなと研修会
研修①塗り絵でわかる機能解剖学:深山ゆかり認定講師
   腰周囲筋に特化して色分けしながらご自分の身体で確認しながらの研修でした。
研修②障がい者指導:駒井順子さん
   知的・身体的の障害とは?障害を知る。障がいを持つ人への水泳指導を実体験を基にしたお話や実技盛りだくさんでした。
研修③高齢者向け水中運動:本間道子理事
   筋トレ・脳トレ、また参加したくなるように楽しみながら出来る水中運動の数々を体験していただきました。

シール シール

2018/09/14

9月24日千葉みなと研修会


アンケートのベスト3を集めた研修会です。締め切りは20日まで。高齢者施設のプールですがどこかのお洒落なホテルのプールのようです。ぜひ体験してみてください。

2018/07/14

緊急告知!!東京ビックサイト

高野会長のプレゼンが決まりました。
介護予防のための水中運動・流水を使ったリハビリ等のお話をする予定です。
興味のある方は聞きに来てください。
リハビリ・介護産業展 •RE-CARE JAPAN 2018
-第3回 リハビリ・介護予防サービスEXPO-(SPORTEC2018(内))
介護予防・高齢者リハビリ・高齢者自立生活支援のための専門展
株式会社セラピスト (小間番号W2-26-21)
*7月26日(木曜)
東京ビックサイト(西ホール商談室)
12:00~13:00

2018/06/27

会員さんからのお便り

☆指導士の加藤義範さんが本を出版されたそうです☆
加藤さんより:この本は、水泳やスポーツ全般が苦手な小学生の子どもたちとその保護者のために書きました。とにかく短期間に、「まず25メートルクロールを完泳」し、子どもたちが「やればできる!」という自信を持ってくれること。そして最終的には、水泳やスポーツに興味を持ち、身体を動かす楽しさに気づいてくれることを目標にしています。
出版に至った経緯:
これまでの幼稚園、小学校での勤務をとおして、少なからず、スポーツが苦手なせいで「いじめ」「仲間はずれ」にされている子どもたち(特に男の子)を目の当たりにしてきました。それが進むと、学校や幼稚園に行きたくない「ひきこもり」につながっていきます。テレビでも「いじめで、尊い命が失われるようなニュース」があとを絶ちません。「スポーツが、いじめを救うひとつの手段にならないか?」というのが、泳げない(スポーツが苦手な)子どもたちのプライベイトスイミング・レッスンをおこなうきっかけでした。
短期間で泳げるようになった子どもたちは、何事にもチャレンジするようになり、いじめにあうこともなくなりました。それどころか、多くの友達をつくることができたのです。「短期間でまず25メートルを泳ぐ」という成功体験を子どもたちに味わってもらいたい。今回、たくさんの保護者のかたがたからの強い勧めもあり、この「ちょっとユニークな練習法」を本にまとめました。
最後に子どもたちへのメッセージ:
生まれつきスポーツができないなんてことはありません。楽しみながら練習すれば、きっと25メートルおよげるようになります。そうしたら、学校の水泳の時間が待ちどおしくなります。水泳ができたら、ほかのスポーツにも勉強にも、新しいことにどんどんチャレンジしよう!
「3日で25メートル泳げちゃう本」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000030.000013806.html

シール シール